私達の耐性MITSUI菌は水質浄化や土壌改良に効果があるだけではなく、そういった重度の汚染に対しても効果を発揮し

浄化の方向へ導く力がある、ということが研究の結果、明らかになってまいりました。 

耐性MITSUI菌の有益な特性を最大限に活かすことで、地球上の様々な環境問題を改善できるものと信じています。 
そして私達は、未来の世代に美しい地球と、自然と共存する豊かな暮らしを創り出すために、日々研究を行っています。

 

 

耐性MITSUI菌とは?

当社が2004年に渡り鳥の糞から発見し開発した有用微生物で、「耐性MITSUI菌」(商標登録済)と命名しました。人体はもちろん動植物や魚介類に対しても全くの無害で、むしろ元気にしてくれる良性バクテリアです。耐性MITSUI菌は、有機物や多くの有害物質を分解し、それを栄養源として体内に取り入れ増殖することで、消化酵素と細胞分裂阻害物を体外に分泌させる働きがあります。また、抗菌成分と3,000種もの体外酵素が土壌や水質の悪化を防ぎ、農地の土壌改良・水質浄化・除菌消臭対策に多くの分野でご利用いただいております。

耐性MITSUI菌 4つの特長

耐性MITSUI菌の働きによって様々な環境・分野で改善効果が見込めます。

 



 

  • 01 土壌改良

    植物活性土壌改良剤(バイオジュピター)を使用することで、農場・家庭菜園の収穫率をアップさせ、園芸ではお花を元気にたくさん咲かせます。



 

  • 02 発酵食品

    3,000種の体外酵素を抽出することで、健康食品及び生鮮食品の鮮度を回復させ、旨み成分をアップさせる働きがあります。

 

 

 

 

 

  • 03 除菌・脱臭・洗浄

    排水管内の臭い、トイレ臭、体臭、ペット臭、タバコ臭など、悪臭の発生源を浄化し、除菌・脱臭に効力を発揮します。また、厨房、浴室、トイレ、グリストラップ、雑排水槽、汚水槽等の汚れを強力に洗浄します。



     

  • 04 水質浄化

    ビルピットや工場など大規模施設の排水処理、池の水(養殖場)、水質浄化保持に効果があります。

img_mitsui04.jpg
img_mitsui02.jpg
img_mitsui03.jpg
img_mitsui01.jpg
h2_mitsui.png

耐性MITSUI菌 開発・導入実績

  • 平成15年4月

    渡り鳥(スズメ目ツバメ科ツバメ属)の糞から耐性有用微生物を発見し分離培養に成功 

     

  • 平成16年3月

    基礎研究及びバイオ洗剤の実証試験により有効性が認められる

     

  • 平成17年5月

    新開発した有用微生物を耐性MITSUI菌と命名した

    9月

    イオンディライト専用のバイオ洗剤として採用

    平成18年3月

    中国東北製薬集団股有限公司 冷却水処理剤を採用

     

  • 平成19年7月

    石原ケミカル(株)との販売代理契約を締結

     

  • 平成20年4月

    三菱東京UFJ銀行千葉センターにて景観池用のバイオ水処理剤が採用

     

  • 平成21年5月

    三菱地所マネージメント管理ビルにてトイレ用洗剤バイオサクセスが採用

     

  • 平成22年10月

    京阪錦鯉センターにて養殖及び飼育用水質浄化剤が採用

     

  • 平成23年3月

    多用途バイオ製剤バイオジュピターの販売開始

    11月

    ユニバーサルスタジオジャパンにてリモネンバイオ洗剤が採用

     

  • 平成24年4月
    中国公的検査機関にてバイオジュピター濃縮液の抗菌消臭、空気清浄効果が認められる
    9月
    阪急電鉄系商業施設のトイレでリモネンバイオ洗剤が採用

  • 平成25年4月
    イオン系列商業施設(三重県含む近畿地区全店)新開発リモネンバイオ洗剤が採用           
    9月
    ヨドバシカメラ京都店、全飲食店のグリストラップにスカム処理剤が採用
    11月
    石原ケミカル(株)と景観池用高速水処理剤(PGB)共同開発
    12月
    京セラドーム及び福岡ドームのトイレにリモネンバイオ洗剤が採用
     

  • 平成26年7月

    南海電鉄系商業施設のトイレにリモネンバイオ洗剤が採用

    8月

    修正薬業集団有限公司 全工場用の冷却水処理剤を受注

    10月

    UR都市機構 バイオジュピター消臭剤が採用

     

  • 平成27年1月

    中国政府国領省 青島のイチゴ栽培用の土壌改良剤を受注

    2月

    徳之島 ジャガイモのバイオ栽培で収穫量が1.5倍に増収

    4月

    中国山東省の苺のビニールハウスで土壌改良材が採用

    7月

    本社前に三井バイオケミカル研究所を設置

    9月

    清涼飲料水の枯草純酵素水を生産開始